前だけシャツイン?シャツ&パンツの正しいコーディネートのコツとは

前だけシャツイン?シャツ&パンツの正しいコーディネートのコツとは

スポーツウェアのコーデを考えるときや着てみたときに、特に男性はシャツをインしてしまうと「おじさんくさい」「オタクっぽい」「ダサい」などと言われてしまうんじゃないか?と気になると思います。

もちろん、カラーや柄、着こなし方など全体のバランスを無視してシャツインをするとその通りになりますが、ちゃんと考えた上でシャツインをするとおしゃれにスタイルよく魅せることができます。

なにより2022年はシャツインをするのが最新のトレンドの一つです。"自分がどういったふうに周りから見られているか"を意識することは大切なことなので、しっかりとした着こなしをすれば高いモチベーションでトレーニングに打ち込んだり大会でも実力をスムーズに出しやすくなります。

今回はさらに"前だけシャツイン"の紹介と比較もご紹介しますのでスポーツウェアだけでなく、普段の着こなし方の参考にしてみてください。


■目次

・普段着では前だけシャツインがトレンドスタイル?

・前だけインと全部インは何が違う?

・シャツの前だけインするコーデと着こなしのポイントとは

・コーディネートアイテム:Tシャツ"メリノウール Tシャツ 半袖(ユニセックス)

・コーディネートアイテム:ハーフパンツ"スウェット ハーフパンツ(ユニセックス)

・コーディネートアイテム:ソックス"スニーカースタイル ソックス(ラウンド)

・まとめ



普段着では前だけシャツインがトレンドスタイル?

"前だけシャツイン"とは読んで字のごとくですが、トップスの前部分だけボトムスに入れて後ろ部分は出しておく着こなし方です。トップスはTシャツだけでなくボタンシャツやニットなどでもボトムスに無理なく入れられる厚さであるなら様々なコーディネートが可能です。

シャツアウトで着ずにあえて前だけインすることにより、例えばtシャツ1枚だけ着ている場合でもさりげなくトレンドを抑えているため周りに与える印象は想像以上に変わってきます。

また、単にトレンドを着こなしているだけではなく、インすることによりボトムス部分が多く見えるので足が長くスタイルが良く見えたり、清潔感が出たりという効果もある着こなし方です。

若い世代はもちろん日本でも海外でもラグジュアリーな雰囲気の大人は普段着から前だけシャツインを好んで取り入れています。

男女問わず夏はもちろん、秋になってもアウターの中で使えるコーデになりますのでぜひマスターしてみてください。

 

前だけインと全部インは何が違う?

前だけイン(フロントタックイン)も全部イン(タックイン)も抜け感を出せるトレンドのコーディネートです。

トレンドを抑えている、出しっぱなしより清潔感がある、足が長くスタイリッシュに見えるというのは共通の特徴ですが、それぞれの程度に差がありますのでシーンによって着こなしを変えていければさらにお洒落な日常になります。

2通りでの比較をすると、全部インのほうが"一般的"であり、前だけインは新しいトレンドと言えます。それに加えて前だけインのほうが着こなし方が難しいというのも取り入れている人が少なめになっている理由です。なのでうまく取り入れればさらに周りとの差をつけることが可能です。

清潔感やキッチリした印象は全部インのほうが強く出ます。襟付きのシャツを着るビジネスシーンやある程度フォーマルなシーン、カジュアルなパーティなどであえてキッチリと全部インするのもアリです。

逆に前だけインは清潔感、キッチリしている中に"隙""ラフさ"'ワイルドさ"を出すことができ、大人の余裕や色気を演出することができます。ビジネスシーンなどで着こなすにはふさわしいかをよく考える必要がありますが、男女共にいつも仕事をキッチリこなしている方が普段着などで前だけインをするとより魅力的になると思います。

 

シャツの前だけインするコーデと着こなしのポイントとは

ボトムスを腰履きしてしまうと胴長のスタイルになり、それも一つの着こなしですがいまのトレンドとは違いますので、骨盤よりは上で履いてみてください。ハイウエストになりすぎるとそれはそれで不恰好になりますので気を付けて下さい。

シャツの前裾をまずはしっかりと入れ込んだあと少し引っ張り出してゆとりを持たせましょう。ボトムスをスキニーなどのタイトなものでインしたシャツを出さずにピッチリと着こなすと"余裕感"や"抜け感"が出せないので、ワイドめのボトムスとトップスもゆったりめのものをセレクトしてください。

サイドから後ろにかけて緩やかな曲線で繋がるよう調整しましょう。コツがつかめなかったらまずは手を上に伸ばしてシャツを出して、あとは整えるくらいでもいいでしょう。ボタンシャツなどの片方インではないときに山型になっているかを目安にしてみましょう。

入れる部分を摘んでインするだけでもよりラフさを出した前だけインにすることができます。

ベルトのあるなしは、特に女性はどちらでも素敵に着こなせるのでその日の気分で決めていいと思います。スカートでもOK。

男性の場合はベルトがあるとやはり締まってサマになりますが、そこをあえてベルトをしないという意識があれば無しでも大丈夫です。

ベルトや柄、全部インか前だけインかなど、その日の気分だけではなくシーンなども考慮してその場に合ったコーデをしてみてください。

ではスポーツシーンでのシャツインはありかなしか?が気になると思います。

次項でR×Lのおすすめ商品と共に解説していきます。

 

コーディネートアイテム:Tシャツ "メリノウール Tシャツ 半袖(ユニセックス)

登山などでは長きに渡り愛されているウールの中でも最高品質の素材メリノウール。R×Lでも10年前のメリノソックス販売以降、トレイルやウルトラマラソンなど、シーズン問わず多くのランナーの足元を支えています。その素材と同じメリノウールを使用したTシャツがWEBリニューアル1周年記念、限定商品として販売中です。

 

普段使いでも着れるデザインとなっていて、ちょっとした買い物や出掛けるときに前だけシャツインするならやはり大きめのサイズを選んでみましょう。

 

気になる"スポーツシーンで着用するとき"は、全部インをするよりは前だけインのほうがこなれ感が出ます。

ボトムとの合わせ方が普段着よりは難しくなるのでだらしない感じが出ないように気をつけましょう。トレーニングしているときにいっぱいいっぱいに見えてしまうことがあります。

スポーツウェアとしてコーディネートするときは見た目も大事ですがもちろん動きやすさも重要なので、そちらとの兼ね合いで考えることも必要です。

 

コーディネートアイテム:ハーフパンツ "スウェット ハーフパンツ(ユニセックス)

2021年の限定発売で完売したスウェット地のハーフパンツがロゴを一新して再登場しました。限定販売のメリノウールTシャツにプリントされているロゴと同じデザインのハーフパンツ。着やすい厚みで、裏側はパイル地なので優しい履き心地です。

 

ゆったりとしたシルエットなのでこちらも前だけシャツインしてもおかしくならないボトムスです。

ただしラフさと同時に寝起き感も出やすいので、あえてそこを出さないのならばトップスとのバランス、髪型、足元などにも気を使いましょう。

 

コーディネートアイテム:ソックス "スニーカースタイル ソックス(ラウンド)

足の形は対称なので左右同じ形のソックスを履くとしっかりとしたパフォーマンスが発揮できにくいです。R×Lのソックスは左右対称に作られています。そして左右が一目でわかるよう右足足底部に色を追加して分かりやすくなっていますし、またそれがワンポイントにもなっていてさりげないオシャレも楽しめます。

スニーカーに合うショート丈でラフさの中にも清潔感があり前だけシャツインとの相性も良いアイテムです。

 

まとめ

シャツインはトレンドを抑えてオシャレにも気を使っているというイメージを持たれるコーディネートですし、実際にキマればカッコいいですが、TPOを含むトータルのバランスを上手に取れないといきなりダサくなるというリスクもあります。

特に前だけシャツインは全部インよりは難易度的には1つ上だと考えておきましょう。

しかし少し出す面積を変えるだけで、サイズや色を変えるだけで、そことは関係ないと思っていたソックスやバッグなどのアイテムを変えるだけで、とたんにキマったりします。

その違いを楽しみながらどんどんコツを習得していくと、トレンドを取り入れたときの自然さに差が出てきます。トレンドを追いかけたときにこの自然さがないと"ダサい"着こなしになるので積極的に挑戦していきレベルアップしていきましょう。

 

スポーツをする上でのシャツインに関しては、競技やチームの方針があると思いますし、最近では熱中症の問題も取り上げられています。

全部インをしたほうがシャツを出している選手より体の表面温度が高くなり熱中症のリスクが高くなるという報告もあります。

オシャレも機能性も両方大切です。バランスをうまく取っていきましょう。