夏こそメリノウールで快適に!登山、アウトドア、普段使いにもピッタリ!

夏こそメリノウールで快適に!登山、アウトドア、普段使いにもピッタリ!

ウールと聞くと誰もがモコモコなセーターや帽子などのニット製品である羊毛の衣服を思い浮かべると思います。

メリノウールも同様に夏に着るものではなく、主に冬によく着るものというイメージが強いのではないでしょうか?

しかしながら最近よく耳にするようになったメリノウールは、ウールと同じ種類ではあれども違いがあり、また、使うに適したシーンにも違いがあります。

特にメリノウールは冬だけでなく夏にも使えるだけでなく、むしろ夏に使うことで快適に過ごすことができる素材だとも言えるのです。

この記事ではメリノウールがいかに夏に適しているかはもちろん、色々なシーンにも適していることを詳しく解説し、更にメリノウールを使ったおススメ商品を紹介いたします。


■目次

・メリノウール素材とは

・メリノウールは夏に着て暑くないのか?

・おすすめ利用シーン①:普段使い

・おすすめ利用シーン②:登山

・おすすめ利用シーン③:アウトドア

・おすすめ利用シーン④:ランニング

・RxLがおすすめするメリノウール商品

・まとめ



メリノウール素材とは

メリノウール素材とは、ウールの名が冠されていることからも分かるように、ウール素材と同じく羊から取れる毛を素材としています。

ウール素材と違うところは、メリノウール素材はオーストラリアやニュージーランドで飼育されているメリノ種という品種の羊毛に限定した素材であることです。

ウールは羊の種類によって毛質が異なるため、毛の繊維の細さによってランク分けもなされており、その中でもメリノウールは他のウールと比べると繊維がとても細く、保温性も高いことにより、羊毛の中では最も高級な一品と評されているのが特徴です。

メリノウールはウール同様に保温性が高いので主に冬に着る事が多くなりがちですが、実は吸湿性も高く防臭力もあり、更には肌触りも良いため、インナーやソックスなどのアウトドア製品の素材としても多く使われており、汗をかきやすい夏にこそ着るに適している素材とも言え、このメリットを存分に活かせるのが夏でもあるのです。

 

メリノウールは夏に着ると暑くないのか?

メリノウールには以下のようなメリットがあります。

  1. 保温性が高い

ウール素材全体のメリットではありますが、特にメリノウールは繊維が細いため熱が逃げにくく、保温性が更に高くなっていることがメリットです。

  1. 吸湿性も高い

これもウール素材全体のメリットではありますが、内部の熱は保温して湿気を逃すため暖房の効いた室内で汗をかいても蒸れにくく、逆に外部からの水を弾く効果も高いので吸湿性にも優れています。

  1. 防臭力が高い(嫌なニオイがしにくい)

メリノウールには防臭力があり免疫機能も持っているため、嫌なニオイがしにくいのもメリットです。メリノウールが持つ免疫機能がニオイの原因となる細菌を抑制してくれるのです。

  1. 肌触りが良い

これまでのウール素材は繊維が太かったため、肌に当たるとチクチクして肌ざわりがあまり良くありませんでした。しかし、メリノウールは従来のウール素材よりも繊維がとても細かいため肌ざわりも良くなり、チクチクする不快感もかなり少なくなっています。

特に夏は汗をかきやすく体に熱がこもりやすいですが、メリノウールが汗や湿気などを吸い上げて気化させることで冷却効果が起こる、つまりは吸湿性が高いので体が暑くて熱を感じることも少なくなることが期待できるのです。

  

おすすめ利用シーン①:普段使い

メリノウールは夏に着るのに適していることを御理解いただいた上で、次はおススメの利用シーンについて解説します。

先ず一つ目のおススメのシーンは「普段使い」です。

普段使いということは常に快適に着ることを求められているといっても過言ではありませんが、メリノウール素材はそれを適える素材でもあり、普段使いのためのインナーやソックスも多く商品化されています。

なぜならば上記のメリットにて説明したように、メリノウール素材は肌触りがとても良いので普段使いに適しているからです。

これまでのウール素材は繊維が太かったため、肌に当たるとチクチクして肌ざわりがあまり良くありませんでした。

しかしながらメリノウールは他のウール素材と比べると繊維がとても細かいため肌ざわりも良く、ウール特有のチクチクする不快感も少ないのです。

更に防臭力が高いのも普段使いに適している理由の一つです。

衣服は部屋干しすると生乾き臭が起こってしまいやすく、これはニオイの原因となる細菌が増殖することでニオイを発生してしまうことが原因なのですが、メリノウール素材はその原因である細菌の増殖を抑える特性も持ち合わせているのです。

メリノウール素材は肌触りが良く、防臭力もある。

正に普段使いに適している素材だと言えますね。

 

おすすめ利用シーン②:登山

次のおススメのシーンは「登山」です。

登山では日中は日が照ることで暑くなりますが、日が沈んでキャンプを行う夜となると逆に寒くなることもあります。

暑さ対策で薄着しか用意していなかった、逆に寒さ対策で厚手の服しか用意していなかった、なんてことが往々にして起こり得るのが登山です。

そんな衣服の問題をメリノウール素材の服は解決してくれます。

なぜならばメリノウールは保温性が高く、また、吸湿性も高いという両方の機能を兼ね備えており、暑いときは涼しく、寒い時は暖かく体温を保ってくれるからです。

シャツやパンツのようなインナーにそのような機能を期待するのはもちろんですが、登山において大切な足をカバーしてくれるソックスにも同じ効果が期待できます。

メリノウールのソックスもシャツと同様に保温性が高く、また、吸湿性も高いので登山靴の中が蒸れるのを抑えてくれる効果があります。

また、ウール素材自体が汚れに強いメリットがありますが、それはメリノウールも例外ではありません。

川や岩肌だけでなくぬかるみや小枝や落ち葉の中など様々な場所を歩いて汚れやすい登山では、汚れを防いでくれやすいメリノウール素材のソックスはうってつけだとも言えるのです。

 

おすすめ利用シーン③:アウトドア

メリノウール素材は「アウトドア」でもおススメの素材です。

登山のシーンでも説明したように、メリノウール素材は保温性が高く、また、吸湿性も高いという両方の機能を兼ね備えており、暑いときは涼しく、寒い時は暖かく体温を保ってくれるためアウトドアでのどのような状況にでも適応できることがメリットだからです。

吸湿性は内部の湿気を逃すだけでなく逆に外部からの水を弾く効果も高いので、例えば突然の雨に降られてもある程度は水を弾いてくれるため、ずぶ濡れになることは防げます。

更に汗をかくことによる臭いの発生もメリノウール素材の防臭力によって防いでくれます。

簡単に着替えることが出来ないアウトドアだからこそ長時間着続けていられる服だと言えます。

また、これがアウトドアに最適な一番の要因なのですが、メリノウール素材には紫外線遮断効果が高いという特徴があり、つまりは日焼けを防ぐ効果も期待できるのです。

もちろん素材の厚みや色によって日焼けの度合いも変わりますが、メリノウール素材は通常のコットンやポリエステル素材と比較すると、紫外線遮断効果がとても高い素材でもあるのです。

 

おすすめ利用シーン④:ランニング

最後のおススメのシーンは「ランニング」です。

メリノウール素材の衣服はスポーツに、特にランニングに適した衣服だとも言えます。

なぜならばメリノウールのメリットがランニングの全てのシーンでメリットにもなるからです。

先ずは吸湿性。

走って体が熱くなり汗をたくさんかいても、メリノウールの吸湿性の高さにより汗や湿気などを吸い上げて気化させることで冷却効果が起こるので不快感も少なく、体の体温調整もスムーズに行えます。

次に防臭力の高さ。

走って大量に汗をかくと、乾く際に嫌な臭いも同時に発生してしまいますが、メリノウール素材の防臭力によってその匂いの発生も抑えてくれます。

最後に肌触りの良さ。

これまでのウール素材は繊維が太かったため、肌に当たるとチクチクして肌ざわりがあまり良くありませんでした。

特にランニングでは走る度にシャツやパンツが肌に触れるため、肌触りが少しでも悪いと走ること自体が不快に感じてしまいます。

しかし、メリノウールは従来のウール素材よりも繊維がとても細かいため肌ざわりも良く、走る際の不快感もありません。

このようなメリットがあることで、今ではメリノウール素材のシャツ、パンツは特にトレイルランニングで利用されることが増えてきているのです。

 

RxLがおススメするメリノウール商品

ここではRxLのおススメのメリノウールの商品を紹介します。

メリノウールランニングソックス(5本指)

一つめは蒸れ対策を追求した最高品質のメリノウール5本指ソックス「Type-MS メリノウール ランニングソックス(5本指) MW-2001」です。

この製品の特長は、足に吸い付き、まるで履いていないかのような履き心地を実現するために、R×L特許製法技術である超立体製法で作られています。

また、7種類のメリノウールから厳選されたメリノウールである蒸れ対策を追求した最高品質メリノウールを使用し、超長時間の間も汗や水分から靴内環境を快適に維持することで、特に時間が長ければ長いほど良さを実感できます。

更に、最初から最後までクッション性を持続させ、シューズ内部で当りが原因で穴あきが生じやすい踵と親指、各指先にナイロン糸を採用し耐久性もアップしました。

フルマラソンからウルトラマラソン、トレイルランニングまで使用可能であり、他にも多くの各種スポーツでもご使用可能な商品となっています。

メリノウールTシャツ

二つめは同じくメリノウールを使用したTシャツ「メリノウール Tシャツ 半袖(ユニセックス) TRS9002H」です。

メリノウールは登山などでは長きに渡り愛されている素材であり、その素材と同じメリノウールを使用したTシャツです!

メリノソックス同様、快適な着心地を実現しました。

衣服内は蒸れにくいよう絶妙な吸放湿性があり、熱伝導率が低いので夏は涼しく、冬は暖かく快適に着用できるのが特徴で、ニオイが気にならない消臭効果もあります。

また、肌面は全てメリノウールになるような特殊構造の糸を使用し、耐久性、速乾性を高めるためにポリエステルを混紡しています。

更には第三者機関のQTECによるピリング(毛玉)試験基準で5段階評価中4.5級(※通常のTシャツで3級)を取得し、毛玉ができにくいだけでなく、他のスポーツウェアのように気兼ねなく洗濯が可能というデメリットもなくしました。

 

RxLではその他にも多くのメリノウール商品を取り揃えています。どれも優れた商品となっていますので是非お買い求め下さい。

まとめ

以上の事から、メリノウール素材の衣類は冬だけでなく夏でも十分に着る事ができると言えます。

むしろ吸湿性が高く防臭力もあり、更には肌触りも良いので汗をかきやすい夏にこそ着るのに適している、快適に過ごすことができる素材だと言えます。

また、その特性から「普段使い」や「登山」、「アウトドア」から「ランニング」まで様々なシーンに適している素材でもあり、多くのメーカーからシャツやパンツなどのインナーはもちろん、ソックスなども商品化されています。

特にRxLの商品では、厳選されたメリノウールである蒸れ対策を追求した最高品質メリノウールを使用し、発汗性を高めた商品であるため、これから暑くなる夏に効果を発揮すると言っても過言ではありません。

ウール素材はモコモコなセーターや帽子なのだから夏には向いていない…そんな間違ったイメージを払拭してしまう程にRxLのメリノウール製品は優れています。

是非お手に取っていただき、その快適さをあなた自身が実感して下さい!