長時間着続けても汗をかいても臭わない!夏の防臭対策にウールTシャツがおすすめ!

長時間着続けても汗をかいても臭わない!夏の防臭対策にウールTシャツがおすすめ!

「汗をかいたTシャツが臭い」「もしかして自分臭ってない?」

と思ったことはありませんか。夏場や運動時など多量に汗をかく時期に特に気になるのが汗の臭いです。

まだあまり知られていないのですが防臭性が高い素材として昨今ウールが注目を浴びています。

ウールには、ニオイの原因となるアンモニアや乳酸などの物質を吸収する性質があります。また冬場に着るイメージが強いウールですが実は熱伝導率が低く蒸れにくいため夏にも最適な素材なのです。

今回はイヤな臭いとなる原因や対策を解説していきます。防臭効果、着心地バツグンで長時間着続けてもノンストレスなおすすめのメリノウール素材のシャツを紹介していますのでぜひご覧ください。

汗と臭いの原因と対策

実はかいた汗自体は無臭です。汗が皮膚の表面でアカや皮脂などと混じり合ったところで、これを細菌が分解することでニオイ物質が発生し、臭くなります。

汗腺には「エクリン腺」「アポクリン腺」の2種類があります。エクリン腺は生まれた時から全身にあり、一方アポクリン腺は、思春期頃にワキや乳輪、おへそ、外陰部、肛門付近のみ特定の部位で発達します。

一般に汗をかいたと言うときは「エクリン腺」からの発汗のことです。99%が水分で体温調整を主に行っています。

すっぱいニオイや、ぞうきんのようなニオイは、このエクリン腺から出る汗のニオイがもととなった臭いです。

一方、「アポクリン腺」は緊張や興奮の際にかく汗で、水分の他に微量のタンパク質や脂質、アンモニアなどが含まれています。そのため細菌の繁殖により臭いを発生しやすいのが特徴です。いわゆる「わきが」はアポクリン腺が原因となっています。

このエクリン腺とアポクリン腺の割合は人によって異なります。日本人は臭いの少ない人種でその分臭いに対して敏感です。

運動する際によく着るスポーツウェアはポリエステル素材が多くあります。ポリエステルは吸汗速乾性に優れていますが、皮脂や汚れを吸着しやすいため実は臭くなりやすいのです。

臭いを抑える、防ぐための対策としては次のようなことがあります。

  • まめに汗をふく
  • お風呂に入る
  • 制汗剤(デオドラント)を使う
  • 香水
  • 食生活を見直す
  • 適度な運動をする

身近にできることから、長期にわたって改善が必要なものまで色々ありますが、いつでも対策できるわけではありません。

banner-run-long1 banner-run-long2

防臭効果を期待できるシャツ

上記の対策をした上で防臭効果の高いシャツを選ぶことでより臭いの対策をすることができます。

防臭効果の高いシャツの素材と特徴を紹介します。

・綿、麻などの天然素材

天然素材である綿や麻は防臭効果も高く、肌触りもよいため多くの衣服に利用されている素材です。しかし速乾性が低いなど濡れに弱い(乾きにくい)といった欠点もあり、スポーツなどの運動する際にはあまり適していない素材です。

・防臭、抗菌加工付きの速乾性のシャツ

ポリエステルなどの化学繊維素材でも、防臭、抗菌加工された速乾性のシャツがあります。多量に汗をかくスポーツウェアでは防臭、抗菌加工付きのものが多く登場しています。臭いにくく、速乾性もあるためスポーツウェアとして開発されているものが多くあります。水分以外の微量のタンパク質や脂質、アンモニアなどの臭いの原因となる物質は残るため完全に臭いの原因が取り除かれているというわけではありません。

・メリノウール

メリノウールは冬場の防寒素材として重宝されている素材ですが、熱伝導率が低いため実は夏は涼しく、冬は暖かく、そして防臭効果が高いという嘘のような優秀な素材なのです。

ウールには、「アンモニア系のアルカリ臭」や「酢酸臭」などを吸収する化学的消臭機能が備わっています。ウール内を形成するコルテックスにはアミノ基とカルボキシル基が存在しており、アミノ基には酢酸臭、カルボキシル基にはアンモニアのようなアルカリ臭と化学反応し結合します。


蝋のような羊毛脂の成分であるラノリンという物質が含まれています。ラノリンは、水分や汚れを防ぐ役割があります。

またメリノウールは吸放湿性にも優れており、ウェア内は蒸れにくいのも特徴です。 吸湿性が高いため、皮膚上の汗を素早く吸収し、上記で説明したような消臭機能により汗による臭いを抑制することができます。ポリエステルほどの速乾性はありませんが、湿気をスケールといわれるキューティクルの中に閉じ込めるので、肌面が濡れた感じがしにくいため汗冷えしにくい素材となっています。

化学繊維の速乾性シャツとは違う、天然の素材ならではの風合いも特徴です。

着用アイテム:R×L メリノウール ウルトラライト メッシュ Tシャツ(メンズ) TRS1015S

着替えができない過酷なレースをするアスリートも愛用

登山者やウルトラマラソンランナー、トレイルランナーなどのアスリートは、いち早くメリノウール素材のシャツに注目していました。

10時間以上や、数日間にも及ぶレースや山での縦走などの長時間にわたる過酷な環境下では「臭い」の対策はとても重要です。荷物の重さはパフォーマンスに直接影響してくるため、極限まで軽量化をすることになります。着替えもほぼすることができない状況下でも快適に着続けることができることが重要になります。

そんな過酷な環境でメリノウールを使用する愛用者が多いことからもメリノウールの防臭効果の高さを伺うことができます。

TJAR(トランスジャパンアルプスレース)※1を4連覇した山岳ランナー・望月将悟選手はメリノウール素材のソックスを愛用しています。

愛用の理由として「蒸れづらさ」からくる「マメの出来づらさ」を挙げています。

そういった面からもメリノウール素材の優秀さが伺えます。

※1 日本海側の富山湾から日本アルプスを縦走して太平洋側の駿河湾に至る約415キロを、外からの援助を一切受けずに8日以内に完走するという日本一過酷な山岳レース。

banner-run-long3 banner-run-long4

R×Lのウルトラライト メリノウールシャツ

スポーツシーンに特化した高品質なメリノウール素材のアイテムの開発を続けるのが日本のスポーツソックスメーカー「R×L(アールエル)」です。2012年にウルトラマラソン、トレイルランニング用としてメリノウールの5本指ソックスを発売し、長年に渡り蓄積されたランナーの声に基づいた技術を集結し、開発された「ウルトラライトメリノウールシャツ」は、夏はアウターとして、他のシーズンではインナーとして着用でき、オールシーズン使用できます。

ランニング、トレイルランニング、長期縦走、トレッキング等あらゆるアウトドアスポーツに重宝するのはもちろんのこと、普段着としてもいつまでも着続けていたいと思える着心地の良さです。

「ウルトラライトメリノウールシャツ」の主な特徴は次のような点です。

超軽量

 メッシュ100グラム、天竺110グラム(メンズMサイズ)と超軽量で着ていることを忘れるような軽さです。

メリノの弱点を克服“宇宙”で採用、スーパーウール素材

 国際宇宙ステーションの船内にも採用された実績ある特殊な交撚糸「エキストラファインメリノ」を使用しています。ウールの中心部にポリエステルを入れる事で、肌面はウールのままなので肌触りはウールのソフトな風合いを残し、強度や伸縮性の向上に成功しています。

吸水速乾性に優れている

ウールは乾きにくいと印象を持たれている方もいるのではないでしょうか。ウルトラライトメリノウールシャツはメリノ素材とポリエステルを混合することにより雨や汗に濡れても完全に乾燥するまでの時間が大幅に短縮されています。科学的な数値でもそれを見ることができます。

【メッシュ】

  • 吸水性/滴下法:3秒(編物)
  • 速乾性/拡散性残留水分率:45分後0.0%

【天竺】

  • 吸水性/滴下法:5秒(編物)
  • 速乾性/拡散性残留水分率:55分後0.0%

※吸水速乾の基準目安

用語を簡単に要約すると、

「滴下法」とは、水滴を垂らして生地が水分を吸収する時間です。

「拡散性残留水分率」とは、吸収された水分量を5分ごとに計測し、どのくらいで水分がなくなっているかを測るものです。

一般的には、滴下法は編物が 10 秒以下が良品とされます。拡散性残留水分率は 60 分後 に 30%以下であることが目安の基準値ですので、両数値ともに大幅に上回っており吸水速乾性がいかに優れているかがわかります。

その他究極まで着心地を考えた構造

肌に直接触れる服になるあため、フラットシーマ構造(メンズ) により肌ストレスを削減したり、ラグランスリーブで、肩回りの動きを妨げないなど長時間の行動や運動にもストレスを極限まで減らせる構造を追及した設計になっています。また、ウールは毛玉ができやすい素材ですが、毛玉ができづらい構造になっています。

R×Lのアンバサダーアスリートであるトレイルランナー石田賢生選手はウルトラライト メリノシャツを愛用しています。ウールにもかかわらずヘビーユーズの中でも毛玉ができづらいと評価をされています。


今年の夏はメリノウールで防臭対策をばっちりして行動しよう!

汗自体は無臭です。汗が皮膚の表面でアカや皮脂などと混じり合い、細菌が分解することで臭い物質を発生させます。

臭いを抑える、防ぐための対策としては、こまめに汗をふく、お風呂に入る、制汗剤(デオドラント)を使う、香水をつける、食生活を見直す、適度な運動をするなど様々あります。

このような対策をした上で着用するウェアをメリノウールにすることでより防臭効果を上げることができます。

メリノウールは冬場の防寒素材だけでなく、夏は涼しく、冬は暖かく、そして防臭効果が高いというとても優秀な素材です。

ウールには、臭いの元となるアンモニア系のアルカリ臭や酢酸臭を吸収する性質があり、防臭効果が高く、長期間着用していても臭いづらいという特徴があります。

夏こそメリノウールを着て周りを気にせず、快適なアクティビティを楽しみましょう!

SOCKS RANKING

レーシング グリップ ソックス(ラウンド) TRR-20R

Sold out

310R バイク レーシング グリップ ソックス(ラウンド) BKS1005

Sold out

Type-TF トラック&フィールド専用 グリップ ソックス(5本指) RNS5001G

Sold out

M-RACING メリノウール ランニング グリップ ソックス(5本指) MWS5001G

Sold out

SUNADA ウルトラマラソン専用 ランニングソックス(5本指) RNS5003【公式ストア限定カラー】

Sold out

WEAR & ACCESSORY RANKING

【紫外線対策に】シームレスアームカバー(長さ調節可) TSA-11

Sold out

【足つり対策に】レーシングゲイターSLR(ふくらはぎサポーター) TRG-800

Sold out

RUN STYLE HALF ランニング 3ポケット ハーフタイツ(ユニセックス) TIP9001M【公式ストア限定】

Sold out

メリノウール 100% ボクサーパンツ(メンズ) MWA9601M【ZQ MERINO】【公式ストア限定】

Sold out

【紫外線対策に】スポーツ シームレス フェイスガード フェイスカバー 超軽量 3D UVカット UPF50+(ユニセックス) RLA9101

Sold out

今がピーク!?紫外線対策できていますか?

対象BIKEソックス2足購入で1足もらえる!

雨の日トレーニング攻略するには?

進化したFIT感!FITシリーズ第二世代

進化したFIT感!FITシリーズ第二世代

FITシリーズにフルフィンガーモデル登場

今年は「6.16」父の日にR×Lアイテムを!


ソックスを見つける

ランニング  →コレクションを見る

ウルトラライトメリノT ×ドライ デニムパンツ

R×L MERINO史上、最高の心地よさ

オン・オフで活躍!RUN TRAIL LIMITシリーズ

R×L MERINO 新作グリップソックス

R×Lの原点、Type-ZERO&GRP 最新モデル

ドライで軽い、ソックスに「和紙のチカラ」

走りにフィットするハーフタイツ

メリノ100%・究極のアンダーウェア

ご当地デザインで走る!高機能 6ポケットパンツ

WILDDRY & スタイリッシュなデニムパンツ

【足つり防止】筋肉疲労軽減サポーター

バイク(自転車)  →コレクションを見る

進化した素足感覚フラッグシップモデル300R後継

R×L初のBIKE専用”和紙糸”ソックスWILD PAPER

追及された薄さとグリップ力

フットボール(サッカー/フットサル) →コレクションを見る

形状・厚さから自分のモデルを選ぶ

専用セパレートストッキング

トレイルランニング  →コレクションを見る

上田瑠偉モデル 限定カラー

汗冷えしない!暖かい・軽い!メリノTシャツ

ウルトラマラソン  →コレクションを見る

走るために開発されたインナーパンツ

【1cm刻み】究極の素足感覚