意外と迷う!?ランニングパンツを選ぶときのポイントを紹介!

意外と迷う!?ランニングパンツを選ぶときのポイントを紹介!

ウェアのトップスを選ぶ際には自分の好みを把握している方も多いと思いますが、ランニングパンツの選び方がまだ分からないという方は少なくありません。

トレーニングに適したウェアを着用することはパフォーマンスを上げるためにも必要なことですので、シャツだけでなくランニングパンツもしっかりといいものを選んでいきましょう。

ランニングパンツの機能性を知ろう!

快適に走るためにウェアの機能性が大事なのはランニングパンツも同じです。

本項ではランニングパンツのどのような機能に注目すればいいかを紹介します。

吸水速乾性

トレーニングをするともちろん汗をかきます。そのままだと体が冷える原因にもなりますし、不快さにより集中力も低下してしまいます。

ウェアには高い吸水速乾性が備わっていてほしいですよね。

"吸水速乾性"と一単語で表されることがほとんどですが、吸水には優れているが速乾性は劣る(タオルなど)、またはその逆(ワイシャツなど)もあります。

トレーニングウェアにはポリエステルが使われていることが多く、一昔前なら「吸水性がちょっと…」とされていましたが繊維や編み方の進歩により、R×L商品のように吸水速乾性に優れたポリエステル地のウェアもあります。

「吸水速乾性」と書いてあっても実際の機能は様々なのでよく確認しましょう。


通気性の重要性

夏はもちろん、それ以外の季節でも体を動かしていればウェア内に熱気がこもります。

通気性が高ければこもった熱も放出しやすいので快適にランニングができますし、熱中症対策にもなります。

普段着などで走ると生地が貼り付く感触がありますが、ランニングパンツは通気性も高いので走りやすいです。

肌の露出の少ない長い丈のランニングパンツを選ぶ時に特に重要な機能になります。

伸縮性の必要性

ランニングを楽しむためには、ストレスなく自由な動きができるかどうかも大切です。

特にランニングにおいて下半身の動きは重要になってきますよね。高いパフォーマンスを発揮するためにも自分の可動域を制限されないものを着用する必要があります。

スポーツウェアの進化は目覚ましく、軽くて丈夫、そして伸縮性が高いものが増えました。それでも個人に合わせて作られているわけではありません。自分にとって必要なところの伸縮性は低く、不必要なところが高くても意味がありません。

運動の目的、体型に合ったものを選びましょう。

banner-run-long1 banner-run-long2

自分に合ったランニングパンツの選び方

自分が気に入ったものを着用するとモチベーションも上がりますし、また目的によってランニングパンツの種類を変えるなどすると効率よくトレーニングができます。

カラーやデザインで選ぶ

ウェアにおいて機能はもちろんですが、見た目も大事ですよね。

着用によりモチベーションが上がれば、トレーニングの質や継続にも良い効果を発揮します。

最近では写真を撮って記録をしたり、仲間とシェアをすることも増えています。

ランニングパンツの種類はたくさんあるとはいえませんが、その中からでもデザイン性が高かったりカラーリングの気に入ったものを選ぶとさらに充実したランニングライフになると思います。

カラフルで個性的なデザインで人気のR×Lの全国ご当地パンツは、機能も充実。レースにトレーニングに活躍するランニングパンツです。

丈や形状で選ぶ

ランニングパンツには丈がいくつかあります。

足の動きをなるべく妨げないことを考えて競技ランナーや上級者にはいわゆる"ランパン"と呼ばれるショートタイプが人気です。


もう少しカジュアルに着用したいランナーは男女共に5インチあたりのミドル丈がおススメです。それより長めだと膝上くらいのハーフパンツタイプになります。


どれが正解というのはもちろんありません。

動きやすさ、気温や見た目、それ以外にも日焼け対策として長めのものを選んだり、スパッツと合わせるコーディネートも人気です。5インチあたりの丈だとそのままでもスパッツと合わせても着れるのもおすすめの理由です。


スパッツには肌の露出を防いだり筋肉のブレを軽減する効果もあります。

スパッツでは走りにくいというランナーが疲労・攣り対策としてふくらはぎサポーターを着用することも多いです。



1タイプのランニングパンツで全てのシーンをまかなおうとする必要はまったくありません。

レース本番か練習かでも変わるでしょうし、走る場所がトラックなのか公園なのか街なのかでも違ってきますよね。目的に合わせて思うように走れるものがその時の正解になります。


記録に挑戦したり走ったあとに着替えができるときはショートタイプにしたり、街中でのランニング、走ってる途中でもお店に寄りたいときはもっとカジュアルにしたりとシーンに合わせて選ぶ楽しみも増えます。


あまり選択肢を作りたくないという方は"自分にとってなるべく色々なシーンで使えるもの"を選ぶのも一つの方法です。

便利なアクセサリーで選ぶ

ランニングパンツは素材や形以外にも役立つ機能が付いており、シーンに合わせてうまく使っていけばさらに快適なランニングができるようになります。

ポケットの数と配置

走るときに持っていくものは少ないほうがいいですが、まったくの手ぶらでというのも難しいと思います。

なのでカードやスマホや鍵、プロテインバーやゼリーなどの補給食が入るポケットが複数あると非常に便利です。

またそれらが使いやすい位置にあること、ジップ機能があるかなどもポイントになります。

リフレクターの重要性

夜間や雨天時などは思ってる以上に他者からの視認性は下がります。

ランナーは走っているためスピードがあり、ランナー同士、歩行者からはもちろん、特に車からはさらに見えずらくなるので、こちらの存在を知らせることはお互いの安全のためにも重要です。

ランニングパンツを選ぶときにはあまり意識しないポイントですが、夜間などに着用するものはロゴがリフレクターになっていたり、反射材が付いているかどうかもチェックしましょう。

ウエストバンドと調節機能

走っているとき、ポケットも使っているならなおさらウェストのフィット感は重要になってきますよね。

徐々に下がってくるのはもちろんNGですが、キツすぎても走りに影響してしまいます。

種類としてはウェスト部のゴムだけのものもありますが、ゴム+ヒモの製品が多くて使いやすいと思います。

ヒモの部分を結ばなくても留め具で調整できるドローコードタイプも便利です。

ランニングパンツそのものではありませんが、収納も兼ねたランニングベルトをベルトの機能としても使うランナーもいます。

インナーパンツ一体型

ランニングをするときにインナーパンツを履くランナーもいますよね。

ランニングパンツとインナーパンツが一体型のものを使用すれば荷物を減らしたり着脱が楽になるメリットがあります。

ただし好みのデザインのものが少ないなど選択肢の幅が狭いのがデメリットになります。


別々で着用するランナーには無縫製でフィット感が抜群のウルトラインナーパンツがおすすめです。

自分に合ったサイズ選び

機能やデザインでお気に入りのランニングパンツが見つかったらサイズを決める必要があります。

運動をする上で自分に合った適切なサイズのウェアを着用することはとても重要です。


あまりにも大きかったり小さかったりすると動きに支障が出てくるので選ばないほうがいいですが、"少しゆったりめ"や"少しタイトめ"に着こなすのが好きな方もいると思います。ジャストサイズをおすすめするのが一般的ですが、その範囲内で自分の好みのサイズを決めましょう。


自分がS、M、Lでどれなのか、だいたいのウエストのサイズを把握しておくとウェアを決めるときに選びやすいと思います。実際に測るのももちろんいいですが、すでに持っているもと比較して把握していくと分かりやすいです。

購入するときは実際に試着してみるのが一番いいですが、最近ではネット購入も当たり前になってきました。

同じサイズ表記でもメーカーによって差があったりもしますので、初めて利用するときはサイト内でサイズ表などで確認しておきましょう

R×L 大容量6ポケットランニングパンツ

メリットがたくさんのR×L6ポケットパンツを紹介していきます。

WILD DRY ランニング 6ポケット ショート パンツ

ドライタッチの素材を使用し、速乾性に優れたR×LのWILD DRYシリーズ。ランニングパンツは大容量6ポケットパンツでランニングやマラソンの際に大活躍します。

小銭やカード、スマホや鍵を入れるためのポケットのメリットは先述しましたが、R×Lのランニングパンツにポケットが一つ追加され6ポケットになりました。左右にポケットが付いたことによりバランスが良くなり走りやすさが向上し、またジップタイプが増えたため貴重品も安心して入れておけます。

やはりポケットが多いと便利」との声も多く人気の商品です。

もちろんポケットの有無だけでなく、レースでも練習でも使いやすいショート丈で通気性にも優れています。

 WILD DRY DENIM 6ポケットランニングパンツ IV 

ドライタッチの素材のWILD DRYシリーズ・6ポケットパンツがスタイリッシュなデザインで登場。

本物のデニムかのようなリアルなダメージ感をプリントにより再現しています。バリエーションの選択肢が少ないランニングパンツの中でこのデザイン性の高さが人気の理由の一つです。


ショートタイプですが、カジュアルな見た目なので街なかのランニング時にも違和感なく使えるのも嬉しいモデルです。


大容量6ポケットはもちろん、機能性においても超軽量で、吸水速乾性・ストレッチ性にも優れており、それがデニム柄とのギャップでまた良いですよね。

インナーポケットも活用することで様々なシーンで使えます。

banner-run-long3 banner-run-long4

まとめ

とりあえずあるものでいいかと思いがちなのがランニングパンツです。

しかしランニングにおいて足の動きが重要になってくるのは言うまでもありません。

パフォーマンスを左右するのはもちろん、高いパフォーマンスが発揮できればモチベーションの向上にも直結します

トレーニングは持続することもとても大切になってくるのでモチベーションをどう保っていくかも大事なポイントですよね。


そして、いざランニングパンツをしっかり選ぼうとしたときに「なにを見ればいいんだろう」となる方も多いです。

本記事で紹介したような機能性、デザイン性、サイズ、価格等を総合的に見て「これを履いて走ってみたい」と思うものを選んでみてください。

R×Lのランニングパンツを是非一度お試しください!

SOCKS RANKING

WEAR & ACCESSORY RANKING

指が出て汗も拭けるスマホ対応グローブ

支持される最高品質 -R×Lメリノシリーズ-

オン・オフで活躍!RUN TRAIL LIMITシリーズ

TEAM R×L+2024年度メンバー募集中


ソックスを見つける

ランニング  →コレクションを見る

ウォッチウィンドウ搭載&スマホ対応

続くドライ感 WILD DRYロングスリーブ

R×Lの原点、Type-ZERO&GRP 最新モデル

ドライで軽い、ソックスに「和紙のチカラ」

R×L MERINO 新作グリップソックス

走りにフィットするハーフタイツ

ご当地デザインで走る!高機能 6ポケットパンツ

WILDDRY & スタイリッシュなデニムパンツ

【足つり防止】筋肉疲労軽減サポーター

バイク(自転車)  →コレクションを見る

BIKEと手が一体化するグローブ。

バイク専用メリノウールソックス

バイク専用メリノソックス BIKE WINTER

追及された薄さとグリップ力

ヒールロックサポート付きバイクソックス

フットボール(サッカー/フットサル) →コレクションを見る

形状・厚さから自分のモデルを選ぶ

専用セパレートストッキング

トレイルランニング  →コレクションを見る

上田瑠偉モデル 限定カラー

汗冷えしない!暖かい・軽い!メリノTシャツ

ウルトラマラソン  →コレクションを見る

走るために開発されたインナーパンツ

【1cm刻み】究極の素足感覚