いま流行りの「メリノウール商品」の正しい洗濯方法とは?

いま流行りの「メリノウール商品」の正しい洗濯方法とは?

最近では色々な衣服の素材としてメリノウール素材。

ニットやソックス以外にもTシャツやパンツなどのインナーとしても使われることが増えています。

元々ウール素材は汚れに強い(水をはじく)特性がありますが、それでも使い込むにつれて汚れが目立つようになりますし、身に付けるものを常に清潔に保つためにも洗濯は欠かせません。

この記事ではメリノウールの正しい洗濯方法について解説すると共に、メリノウールを使ったおススメ商品を紹介いたします。

 

■目次

・メリノウール素材とは?

・メリノウールが使われている主なアイテム

・メリノウール商品の正しい洗い方①:洗濯する前

・メリノウール商品の正しい洗い方②:洗濯する時

・メリノウール商品の正しい洗い方③:乾燥(干す)時

・RxLがおススメするメリノウール商品

・まとめ



メリノウール素材とは?

メリノウール素材とは、ウールの名が冠されていることからも分かるように、ウール素材と同じく羊から取れる毛を素材としているものです。

ウール素材と違うところは、オーストラリアやニュージーランドで飼育されているメリノ種という品種の羊毛を素材としているところです。

その中でメリノウールは他のウールと比べると繊維がとても細く、保温性も高いことにより、羊毛の中では最も高級な一品と評されているのが特徴です。

メリノウールはその優れた特徴から、インナーやソックスなどのアウトドア製品の素材として使われています。

 

メリノウールが使われている主なアイテム

Tシャツ

メリノウール素材はその特性を活かした衣服が多いのも特徴です。

一つ目はTシャツです。

メリノウール素材は、内部の熱は保温して湿気を逃すため暖房の効いた室内で汗をかいても蒸れにくく、逆に外部からの水を弾く効果も高いので吸湿性に優れています。

つまり、汗をかきやすい夏によくある「汗でTシャツがビショビショ」になってしまって不快になることが少ないのです。

また、防臭力が高い(嫌なニオイがしにくい)のも特徴で、メリノウールは防臭力があり免疫機能も持っているため、嫌なニオイがしにくいのです。

これも夏によくある「汗が渇いて嫌なニオイが発生する」ことが少なくなります。

更に、汚れにも強い(汚れにくい)ので、夏に一枚羽織る衣服としては充分に適していると言えるのです。

 

インナーシャツ

メリノウールはインナーシャツとしても適しています。

Tシャツと同じく、内部の熱は保温して湿気を逃すため暖房の効いた室内で汗をかいても蒸れにくいので、夏に着るインナーシャツとして適していますし、メリノウール素材は繊維が細いため熱が逃げにくく、保温性が高いことも特徴であり、これは寒い時には体温を逃がさないので冬に着るインナーシャツとしても使えると言えます。

更に、インナーシャツは肌に直接触れるので肌触りが気になるところであり、これまでのウール素材は繊維が太かったため、肌に当たるとチクチクして肌ざわりがあまり良くありませんでした。

しかし、メリノウールは従来のウール素材よりも繊維がとても細かいため肌ざわりも良くなり、チクチクする不快感もかなり少なくなっています。

メリノウールは、正にインナーシャツとして適した素材だと言えます。

 

ソックス

ソックスでもメリノウール素材がよく使われており、特に登山やアウトドア、ランニングに適したソックスとして製品化されています。

その理由は、ソックスもシャツと同様に保温性が高く、また、吸湿性も高いので登山靴の中が蒸れるのを抑えてくれる効果があるからです。

また、メリノウール素材は汚れに強く、様々な場所を歩いて汚れやすい登山やアウトドアでは、汚れを防いでくれやすいメリノウール素材のソックスはうってつけだとも言えます。

さらには肌触りも良いため、足を直接カバーするソックスとしても使われ、今ではメリノウール素材のソックスは、シャツやパンツと同様に特にトレイルランニングで利用されることが増えてきています。

 

メリノウール商品の正しい洗い方①:洗濯する前

洗濯表示を確認する

このようにメリットが多いメリノウールですが、デメリットもあります。

それは、洗濯するには十分な注意が必要なことです。

メリノウールは外部からの水分をはじきやすく、だからこそ汚れにくいのですが、逆にそれが洗濯を難しくしてしまう原因にもなっているのです。

よって、メリノウール素材の衣服を選択する際は、先ずはその商品の洗濯表示をしっかり確認してください(商品によっても洗濯方法や、使う洗剤の種類も違ってきます)。

洗濯機で洗うのか、手洗いなのか、どのような洗剤を使えばよいのか。

最近では特に気にすることなく普通に洗濯できるメリノウール素材の衣服も増えてきましたが、ウール素材特有の「洗濯したら縮んでしまった…」なんてことになってしまわないよう、最初に洗濯表示を確認することを忘れないようにしましょう。

 

洗剤を選ぶ

洗濯する際に次に気をつけたいのは、使う洗剤です。

洗剤にも色々な種類があり、どのような汚れにも適応する洗剤が市販されていますが、ことメリノウール素材に至っては使える洗剤と使えない洗剤があります。

それも前述の洗濯表示に明記されていますので、洗濯表示は必ず見ておくようにしましょう。

ここでは、一般的なメリノウール素材に使う洗剤について解説します。

洗剤には、ウール専用の洗剤があり、それがない場合は一般の中性洗剤、天然素材の洗剤を使う事をおススメします。

もし、色落ちや縮みが気になるのなら、最初は一部分だけの洗濯テストを行ってみてください。

洗剤の原液をほんの少しつけてみて、色落ちや縮みをチェックするとよいでしょう。

 

メリノウール商品の正しい洗い方②:洗濯する時

洗濯機or手洗い?

洗濯表示をしっかり確認して洗剤を選べば、いよいよ洗濯です。

特に初めて洗濯を行う際は洗濯機か手洗いのどちらかで悩むと思われます。

初めての場合は途中で変化に気が付くことが出来る手洗いを実践するとよいでしょう。

ここでは手洗いと洗濯機の手順を簡単に説明します。

  1.       手洗いの場合

先ずは30℃以下の水を用意し、その水の中に洗剤を入れてよくかき混ぜます。

次にメリノウールの衣服を入れ、軽く押すようにして洗ってください。

35分ほどで素早く洗い、水を変えて綺麗にすすぎます。

  1.       洗濯機の場合

洗濯機の場合も手洗いと同じで、30℃以下の水を用意し、その水の中に洗剤を入れてよくかき混ぜます。

次にメリノウールの衣服を入れて洗濯機をスタートさせて下さい。

 

洗濯ネットの活用

手洗いの場合も、また、洗濯機で洗う場合にも洗濯ネットを使うと良いでしょう。

特に洗濯機で洗う場合は、洗濯ネットが洗濯槽の中での摩擦を軽減させる助けにもなるので、メリノウール素材が痛むことを防ぐことにもなります。

また、洗濯ネットに衣類を入れる時には、衣類を裏返しにして入れると尚良いでしょう。

これは洗濯後に毛羽立ちを防ぐ効果があることと、皮脂や油などによる布の内側の汚れを落とす助けとなるからです。

(実は衣類はメリノウールに限らず、裏返しにして洗濯するほうが痛みも少なくなります。)

更に、洗濯ネットも網の目が細かいもののほうがダメージが軽減され、ネットの大きさも中にぎっちり入るものより、畳んだ上で少し余裕がある程度の大きさが良いでしょう。

 

メリノウール商品の正しい洗い方③:乾燥(干す)時

風通しの良い場所を選ぶ

洗濯を終えたならば、次は乾燥です。

洗濯機で洗っている場合はそのまま洗濯機の脱水機能にかけることもあるかもしれませんが、長時間行うとメリノウール素材が痛んでしまうことが多いため、極力、自身の手で乾燥を行いましょう。

洗い終えて湿ったままに放置すると臭いやカビが発生してしまうので、先ずは複数のバスタオルで挟んで湿気を取り除きましょう。

ある程度湿気を取ったならば、次は干して乾燥させましょう。

また、干す際に気をつけることは、風通しの良い場所を選んで干してください。

風が当たることで乾燥も早く進みます。

扇風機やサーキュレーターで風を当てるのも工夫の一つです。

(浴室乾燥機の設備があるお風呂場に干すのも良いでしょう。)

 

ハンガーより平干し

メリノウール素材を干す際は、ハンガーで折りたたんで吊るして干すよりも平干しをおススメします。

平干しが良い理由は、型崩れを防ぐためです。

メリノウール素材に限らず、折りたたんでハンガーで吊るして干してしまうと、衣類に折りジワがついてクセとなることで型崩れしやすくなり、引いては痛みも早くなってしまうからです。

平らな場所で平干しを行う、または、平干し用のワイヤーネットなどを使えば、吊るして干すこともできます。

ただ、最近は大きな衣類でも型崩れすることなく干すことができる平干しハンガーも発売されていますので、それを利用するのも良いでしょう。

干す際に重要なことは型崩れを防ぐことなので、平干しを意識して乾燥を行いましょう。

 

RxLがおススメするメリノウール商品

メリノウールランニングソックス(5本指)

ここではRxLのおススメのメリノウールの商品を紹介します。

一つめは蒸れ対策を追求した最高品質のメリノウール5本指ソックス「Type-MS メリノウール ランニングソックス(5本指) MW-2001です。

 

この製品の特長は、足に吸い付き、まるで履いていないかのような履き心地を実現するために、R×L特許製法技術である超立体製法で作られています。

また、7種類のメリノウールから厳選されたメリノウールである蒸れ対策を追求した最高品質メリノウールを使用し、超長時間の間も汗や水分から靴内環境を快適に維持することで、特に時間が長ければ長いほど良さを実感できます。

更に、最初から最後までクッション性を持続させ、シューズ内部で当りが原因で穴あきが生じやすい踵と親指、各指先にナイロン糸を採用し耐久性もアップしました。

フルマラソンからウルトラマラソン、トレイルランニングまで使用可能であり、他にも多くの各種スポーツでも、ご使用可能な商品となっています。

 

メリノウールTシャツ

二つめは同じくメリノウールを使用したTシャツです。

メリノウールは登山などでは長きに渡り愛されている素材であり、その素材と同じメリノウールを使用したTシャツです!

メリノソックス同様、快適な着心地を実現しました。

衣服内は蒸れにくいよう絶妙な吸放湿性があり、熱伝導率が低いので夏は涼しく、冬は暖かく快適に着用できるのが特徴で、ニオイが気にならない消臭効果もあります。

また、肌面は全てメリノウールになるような特殊構造の糸を使用し、耐久性、速乾性を高めるためにポリエステルを混紡しています。

更には第三者機関のQTECによるピリング(毛玉)試験基準で5段階評価中4.5級(※通常のTシャツで3級)を取得し、毛玉ができにくいだけでなく、他のスポーツウェアのように気兼ねなく洗濯が可能というデメリットもなくしました。

 

RxLではその他にも多くのメリノウール商品を取り揃えています。どれも優れた商品となっていますので是非お買い求め下さい。

 

まとめ

メリノウールは洗濯、乾燥が難しい…この記事を読む前まではそんなイメージがあったのではないでしょうか?

実は意外と簡単であり、その他の衣服と変わらないことを認識したと思います。

メリノウールの衣類は夏や冬に限らず一年中着る事が出来るからこそ洗濯を行う機会も多くなるでしょうが、この記事に書かれている正しい洗濯、そして乾燥を行えばメリノウール商品の質を落とすことなくメリットを長く享受できるでしょう。

特にRxLの商品では、厳選されたメリノウールである蒸れ対策を追求した最高品質メリノウールを使用し、発汗性を高めた商品であり、更に劣化もし難い頑丈な作りとなっています。

是非お手に取っていただき、その快適さをあなた自身が実感して下さい!