【インタビュー】金子広美選手 -東京五輪 自転車女子ロードレース日本代表-

【インタビュー】金子広美選手 -東京五輪 自転車女子ロードレース日本代表-

自転車競技のなかで最も長い距離を走るロードレース。

東京五輪 女子個人のコースは1都3県、総距離147kmに加え、アップダウンの激しい過酷なものとなりました。

今回、R×Lがインタビューさせていただいた金子広美選手(イナーメ信濃山形)は、上り坂で争うヒルクライムレースの大会6連覇の実績を持つ「ヒルクライムの女王」。

また、24歳で自転車競技を始め、40歳で五輪初出場を果たした遅咲きのライダーでもあります。

そんな金子選手に大会後の過ごし方やレース前の食事、普段のトレーニングについて迫りました。

 
 

『レース前1週間は炭水化物を多めに』

ーー初出場された東京五輪お疲れさまでした。

金子選手ありがとうございます!


ーーレース終了後はどのように過ごされていたんでしょうか?

金子選手昨年の11月から五輪に向けてトレーニングを続けてきました。レース後は1週間だけ休んで、またトレーニングを再開しています。


ーー普段とレース前と食事で気を付けている事などを教えて頂けますか?また好きな食べ物なども教えて下さい。

金子選手普段はバランスのいい食事を心がけていますが、あえて食べないようにしているものなどはありません。

レース前1週間は炭水化物を多めに取ったりしますが、

それ以外は特に変えていません。好きな食べ物は沖縄料理の「軟骨ソーキ」です(笑)

 

ーー睡眠時間はいつもどのくらいとられていますか?

金子選手なるべく9時間寝ることを心がけています。それとは別に、お昼寝も1時間程度しています。

 

ーーレース当日はスタート何時間前に起床されますか?

金子選手オリンピックの時は、前日も御殿場に滞在していたので、スタート地点までの移動もあり、6時前に起きました。

普段のレースでは、スタート2時間前に会場には居たいので、そこから逆算してますが、起きてから2時間ぐらいで宿を出発する事が多いです。

 

ーーレースの際にされるゲン担ぎなどはありますか?

金子選手ゲン担ぎではないかもしれませんが、必ず「三重の椿大神社のお守り」を持って走っています。

 

R×L特注JAPAN仕様ソックスにサインをする金子選手

パワートレーニング主体

ーー1日の練習メニュー例を教えて頂く事は可能でしょうか?

金子選手午前中は外を3時間ほど走り、昼食とお昼寝のあと、午後はローラーで1時間半ぐらいとかですね。

 

ーー今までで1番きついと思った練習を教えてもらえますか?

金子選手パワートレーニングを主体としているので、どんなメニューの日も、基本的にはきついです。

その中でも、酸素の薄い高地でやるVo2Maxのメニューは本当にきつかったです。過去形ではなく今もですが(笑) 

 

ーー自転車で走る一番好きな道はどこですか

金子選手オリンピックに向けて、長野を拠点に練習していましたが、八ヶ岳の周辺は走っていて景色も良い道が多いので、好きです。

 

ーー自転車で走ってみたい道はどこですか?

金子選手北海道の景色が良い道をツーリングしてみたいです。

 

ーー今後の予定や目標などあればお願いします。

金子選手全日本選手権でいい走りが出来たら良いなと思っています。

 

サポート力が気に入っている

ーー最後に東京オリンピックも足元は、TBK-300Rをベースにした特注JAPAN仕様でしたがTBK-300Rを選ぶ理由を教えて頂けますか?

金子選手サポート力が気に入っているのと、厚みもちょうどいい感じなので、好んで履かせていただいています。

 

五輪で使用したソックスのベースとなったTBK-300R

 

ーーこの度はありがとうございました!

金子選手ありがとうございました!

(インタビュアー・R×L代表・武田大輔

 金子広美選手

2004年に24歳でマウンテンバイクを始め、2008年にロードレースに転向。上り坂で争うヒルクライムレースの大会では6連覇の実績。2004年に24歳でマウンテンバイクを始め、2008年にロードレースに転向。上り坂で争うヒルクライムレースの大会では6連覇の実績。2021年東京大会にて五輪初出場を果たした。レーシングチーム「イナーメ信濃山形」所属。