【インタビュー】谷允弥選手~滋賀一周ラウンドトレイル2022~

【インタビュー】谷允弥選手~滋賀一周ラウンドトレイル2022~

R×Lサポートアスリートの谷允弥選手が2022年4月30日から5月8日まで滋賀県境438kmを一周る縦走大会・滋賀一周ラウンドトレイル2022に参加し見事完走されました!!

今回のレースやトレイルランニングについてインタビューさせて頂きました。

レースについて

  • 今回のレースで持参する必須アイテムはありますか?
(携行必須アイテム以外で)
ダウンジャケットやウインドシェル。シガイチはそれほど標高の高い山は通りませんが、気温がかなり低くなる場所も多くあるため、しっかりとした防寒対策が必要になります。

  • 今回着用したソックスは?
WILD WOOL  壱【厚み:薄・丈:短】

>>【WILD WOOL】壱・弐・参 メリノウール×コーデュラ(R)ソックス 一覧

  • このソックスを選んだ理由は?

超長距離レースであるため、蒸れの少ないウールを多く使用したWILD WOOL壱を選びました。普段から履き慣れている事もあり、絶対的な信頼性があるのもWILD WOOL壱を選んだ理由の一つです。

 

  • 今回のレースで何足ソックスを準備しましたか。また履き替えた地点(距離)は?

6足。ライフベース(宿泊できるエイドステーション)が約50km地点ごとに設置されていたため、ライフベースごとにソックスを履き替えました。雨に降られることもありましたが、足裏のトラブルはほとんどありませんでした。

  • 途中で気持ちが折れそうになった時どのように立て直しゴールを目指しますか?
レース中盤に膝を痛めてしまい完走できるのか不安がよぎりましたが、たくさんの方の応援がゴールまで背中を押してくれました。
改めて応援の力からもらうものの凄さを知りました。

  • 走り終えて足裏の状態はどうですか?

多少のマメは出来たもののほとんどゴールまで足裏のトラブルはありませんでした。

  • シガイチの感想をお願いします。
シガイチは一言で言うと困難を楽しむレース。シガイチは一般的なトレイルランニングのレースと違い、ナビゲーション能力(地図を読む又はGPS端末を使いこなす等)が求められます。自らの力でゴールまでの道を繋いで行かなければならないのですが、トレースが薄い箇所も多く、ルートファインディングに苦しみました。夜間になるとさらに道がわかり辛くなるため、ロストすることも多かったです。そういった状況の中、いかに自分の精神状態を冷静に保ち、対応できるかがこのレースの最大の面白さだと感じました。

 

 

トレランに関して

  • トレランを始めたきっかけは?

大学生の時に、ランニングの延長で高尾の山を走っていたのがきっかけでした。本格的に始めたのは、就職後、職場の先輩であった望月将悟さんに山へ連れて行ってもらったことがきっかけで、どんどんトレランの魅力に取り憑かれました。

  • このレース前1ヶ月でどのくらいの距離を走りましたか?

怪我をしていたこともあり、4月は60kmほどしか走れませんでした。

  • トレランの一番の魅力を教えてください

なんといっても、走っていて気持ちいいのが一番の魅力だと思います。山は空気もキレイで自然からもらうパワーの偉大さを感じられます。山を登り切った後の達成感、そして山頂から見る景色の素晴らしさもトレランの大きな魅力の一つです。


>>サポート選手一覧ページはコチラ