ランニングソックス選びでもう迷わない!

ランニングソックス選びでもう迷わない!

こちらのコラムは、R×L公式Youtubeチャンネルの動画『ランニングソックス選びでもう悩まない!』を一部編集してテキスト化したものです。

>>R×L公式Youtubeチャンネル

走るために生まれてきたソックス「R×L EVO®-F/R」について、開発担当のR×L代表 武田が細部にわたり紹介させていただいております。

ランニングソックスを作り続けた12年間の集大成

今回は、「R×L EVO®」の紹介をさせていただきます。

EVOはエボリューションからきています。エボリューションというのは進化を意味します。

私たちの企業理念の中にも”完成のないモノ作り”というのがありますが、常に進化し続けるという意味合いが含まれています。

2008年にランニングソックスを作り始めてから12年が経過しました。
お陰様でランニングソックス業界の中では、そこそこの立ち位置でやらせていただいていると思いますが、完成はありません。
私たちは、ソックスに特化して12年間ずっとランナーの声を聞き、それを商品に反映することを続けてきました。

R×L EVO®は、私たちがずっと大事にしてきた「素足感覚」の履き心地、走り心地を保ちながら、さらに耐久性を上げることで生まれました。

R×L EVO®シリーズは、ラウンド型の「R×L EVO®-R」、5本指型の「R×L EVO®-F」の2種類をご用意しています。


R×L EVO-R ランニング ソックス(ラウンド) RNS1001



R×L EVO-F ランニング ソックス(5本指) RNS5002

全てのランナーに履いてもらいたい

R×L EVO®を履くターゲットは、速い人やタイムをとことん突き詰めたい人ではありません。
それよりも、走るのを楽しんでいる人、フルマラソンで完走を目指す人やレースに出ないけど日々健康のために走ってる人にも満足していただけるようなものを目指しました。

2019年の大阪マラソンの頃にイメージができて、ちょうど1年ちょっと前からものづくりが始まり、やっと2020年の12月発売という形になりました。

素足感覚+耐久性を高次元で実現

素足感覚に近づけるために超立体をさらに進化させ、さらに耐久性を従来品の235%アップ(※当社比)させたのがR×L EVO®の最大の特徴です。

素足感覚を実現させる超立体製法

では、超立体の特徴というのは何でしょう?

R×L EVO®-Rで説明させていただきます。

R×Lソックスの一番の特徴は、つま先の左右立体です。親指側を長く編み、小指側を短く編んでいます。さらに正面から見たとき、親指側が高さがありますので、そこにマチを入れて高さを出してあげる。小指側は低く編む。これがR×Lソックスのつま先の一番大事な部分です。

さらに、土踏まずの部分。外側は、ほぼ真っすぐ。土踏まずの内側は、くっと入り込んでいます。これで左右非対称で靴下が回るのを防いでいます。

それから、これももう12年やっていますが、最初から靴下が自立する設計にしています。足の形は垂直になっていますので、ベースをこの立つところに置いておくことによって、靴下の動きが最小限に抑えられて、ズレがなくなるという形状です。

そして、今回 足の甲の部分に新たなスパイスを入れています。

足の甲の部分は、どうしても踏み込む際に曲がってしまいます。踏み込む際に甲の部分にシワが寄りやすかったんですけれども、寄りにくいように秘密の編み方をしています。この製法は、企業秘密です(笑)



これらが合わさることで、足にピターっと同じように圧がかかって靴下がずれない、さらにはそれが素足感覚につながっています。

こちらは、ノーマルの靴下(他社)とR×L EVO®のフットプリントの比較です。
ノーマル靴下を履いた時はキュッとつまった感じになっているのが分かると思います。一方、R×L EVO®ソックスを履いたときの指の形は、素足に近い感じで広がって、ピタっとしているのが分かると思います。

これが、アールエルの12年間、ランニングソックスの前からだと20年以上培ってきた素足感覚の履き心地を大事にしてきた足形です。

耐久性235%UPでも変わらぬ素足感覚

素足感覚をそのままに、235%も強度を上げられた理由は、靴下の編み糸の本数の調整です。


従来の例えば「Type-ZERO」なんかと比べると少し生地も厚くなっています。
ただ、これは厚地っていうほどではなく、従来のアールエルと比べると気持ち厚めになっているっていう感じです。一般的な靴下の厚さに近いと思います。


Type-ZERO ランニング ソックス(5本指) RA-1001

薄い方が素足感覚に近いのでは?と思うかもしれませんが、そうではありません。多少厚くなっても、立体に作る・糸の量を調整する編み方にすることで、この厚みでもしっかり素足感覚を感じられるところにかなりの時間を要しました。

やはり、長く使っていただいた方が愛着も沸くと思います。

様々なサポート選手に着用していただいたんですが、履けば履くほど馴染んでくるというようなコメントもいただいてたりしています。

是非このR×Lのランニングの12年の蓄積が詰まった渾身の一作「R×L EVO®」シリーズ」を是非ご体感いただければなと思います。

>>R×L EVO®-F/R 全ラインナップはこちら

武田レッグウェアー創業40周年記念ロゴ入り
R×L EVO®-F&R×L EVO®-R 2足セット(限定カラー)好評発売中!

>>2足セットはこちら