快適にサイクリングを楽しむための服装は?

快適にサイクリングを楽しむための服装は?

サイクリングが趣味という方、これからサイクリングを始めたいという方もサイクリングの際に着る服装で悩んだり迷ったりした経験はないでしょうか?

中にはサイクルウェアではなく、できればカジュアルな服装でサイクリングをしたいという方もいらっしゃるかもしれません。

サイクリングを快適に安全に楽しむためにも服装選びが大切です。

この記事ではサイクリングの魅力、サイクリングの基本的な服装やあると便利なアイテム、季節ごとの服装選びのポイントなどについて紹介します。

サイクリングを楽しみたいという方はぜひ参考にしてください

サイクリングの魅力って?

趣味としても人気のサイクリングですが、どのような魅力があるのでしょうか?サイクリングの魅力を3つご紹介します。

比較的費用をかけず楽しめる

サイクリングには様々な魅力がありますが、スポーツの中でも比較的費用をかけず楽しむことができるのが魅力の一つと言えるでしょう。

長距離走行などでなければシティサイクルでもOKですし、本格的なサイクリングをする場合も少々高額ですがロードバイクなどの自転車と服装を購入すると始められます服装は最初からサイクルブランドのサイクルウェアを全部揃えなくてもカジュアルなもので代用もできるので、そこまで高額な費用はかからないでしょう。

自転車で通勤・通学をするのもいいですね。良い運動になり、交通費も節約できるので一石二鳥です。いつもバスや電車で行く所に自転車で行ってみるのもいいですね。

達成感を得られる

頑張って自転車を漕いで目的地にたどり着いた時には達成感を得られるのも魅力です。特に暑い夏や寒い冬などは大変ですし、途中で雨や風に悩まされることもあるかもしれません。それでも諦めずに走り続けてゴールを目指し、着いた時には普段なかなか味わうことのできない大きな達成感があるでしょう。

途中の景色や人との出会いを楽しめる

サイクリングの際には、様々な景色を楽しめるのも魅力ですね。季節ごとに移り変わる自然の景色を眺めるだけでも良い気分転換になります。

また、行く先々で地元の人やサイクリング仲間などとの出会いがあるでしょう。そのような出会いを楽しめるのもいいですね。

banner-bike1 banner-bike2

サイクリングの基本的なアイテムは?

サイクリングをする際には普段着などは避け、サイクリングに適した動きやすく安全に走行できるものを選ぶ必要があります。ここでは、サイクリングの基本的なアイテムを5つ紹介します。

トップス

走行中の空気抵抗を少なくし快適に移動するためにも、トップスはなるべく身体にフィットするものを選ぶことをお勧めします。半袖・長袖の両方あるので、季節や目的に応じて使い分けるようにしましょう。

中には背中にポケット収納がついていて、スマホや財布などを入れておける便利なウェアもあります。

また、インナーも大切です。夏場に限らず汗をかくことも多いので、なるべく汗を吸収してくれるような速乾性の機能があるインナーを選ぶといいでしょう。

ボトムス

サイクリングをする際には、できればサイクルパンツを選びましょう。走行している途中でお尻が痛くなってくることもあるでしょう。サイクルパンツのお尻部分には衝撃を軽減してくれるパッドがついているので、特に長距離走行する場合にはおすすめです。

サイクルパンツにはショート丈のものとロング丈のものがあるので、こちらも季節や目的に応じて使い分けるようにしましょう。

ボトムスも身体にフィットしたものを選んでくださいね。

シューズ

サイクリングの際には普通のスニーカーでも問題ありません。ヒールのある靴やサンダルなどは安全面で問題があるので避けるようにしましょう。

できればサイクリング専用に作られたサイクルシューズを選ぶといいでしょう。サイクルシューズの方がペダルを漕ぎやすく、機能性が高いので、特にロングライドなどの際にはおすすめです。

サイクルシューズの中にはシューズとペダルを固定できるビンディングタイプのものもあります。ロードバイク用、街乗り用など目的によって様々な種類のものが販売されているので、ご自身の目的に応じてシューズを選んでみてくださいね。

ソックス

ソックス選びも大切です。スポーツ用のソックスでも大丈夫ですが、できればサイクルソックスをはくと快適さが増すでしょう。

サイクルソックスは、サイクリングの際の足への負担軽減などの効果もあり、ペダルを漕ぎやすくなります。

サイクルソックスにも色々な種類があるので、ご自身に合うものを探してみるといいですね。

気分も上がるオススメソックスはこちら

 

ヘルメット

サイクリングの際には転倒などの危険性があるので、頭を守るヘルメットは必須アイテムです。特にスポーツバイクなどはかなりのスピードが出るため、万が一ヘルメットなしで転倒した場合に致命的な大怪我につながる可能性があります。

また、ヘルメットは直射日光を防いでくれるので、紫外線から頭を守る役割もあります。走行中にずれてしまうことのないように、頭にフィットするサイズのものを選びましょう。頭が蒸れないようになるべく通気性が高いものを選ぶのも大事です。

サイクルウェアは絶対に必要?

サイクリング初心者の方などの中には、「できればサイクルウェアは着たくない」「手ごろな価格のカジュアルウェアでも代用できないか?」などと思う方もいらっしゃるかもしれません。

ロングライドの場合やスポーツバイクなどでスピードを出すような本格的なサイクリングであれば、できればサイクルブランドのサイクルウェアがおすすめです。

しかし、サイクルブランドのウェアは値段も高めなので、全部揃えるのは大変です。初心者の方やちょっとしたサイクリングであれば、カジュアルウェアでも問題ないことが多いので、まずは代用できそうなカジュアルウェアを探してみてくださいね。

サイクリングの目的によって服装も変わってくるので、サイクリングに慣れてきたり、ロングライドをしたくなってきた場合など、サイクルブランドのウェアやアイテムを少しずつ買い揃えていくのもいいでしょう。



サイクリング初心者は何を着たらいい?

先述のように、初心者の方はサイクルブランドのウェアでなくてもOKなことが多いですが、どういうウェアを選んだらいいでしょうか?

例えばファストファッションの代表的なユニクロなどではサイクリングにも使えそうなカジュアルなウェアがたくさん売っています。価格も良心的で、機能性も高いものが多いので、おすすめです。

ただし、ボトムスにはお尻の部分に衝撃を軽減するパッドが付いていないことが多いので、カジュアルウェアのパンツをはく場合はパッド付きのインナーパンツも買っておくといいですね。

カジュアルウェアは短距離の走行や街乗り、通勤・通学などで自転車に乗る場合にも使えるので、揃えておくと便利でしょう。



あると便利なアイテム

サイクリングの際の基本的なアイテム以外にも、あると便利なアイテムを6つ紹介します。

サングラス

サングラスは降り注ぐ紫外線から目を守り、太陽光の眩しさや目の乾きを軽減してくれます。

また、走行中に水や虫、ゴミ、砂、風などが目に入ってしまうこともありますが、サングラスをしていればそれらを防ぐこともできます。

サングラスを購入する際には、できればUVカット機能が付いているものを選ぶといいでしょう。ご自身の顔にフィットするサイズのものを選んでくださいね。

サイクルキャップ

サイクルキャップはヘルメットの下にかぶるものです。サイクルキャップは暑さから頭を守り、流れてくる汗を吸収してくれるので、あると便利なアイテムです。サイクリング以外にも使えるので、持っておいて損はないでしょう。

グローブ

グローブは夏場は紫外線から、冬場は寒さから手を守ってくれるアイテムです。グローブをしていた方がハンドルを握りやすくなり、走行中のハンドルからの振動や衝撃も和らぎます。夏用グローブ、冬用グローブがあるので、季節や気温に応じて使い分けましょう。

 

アームカバー・レッグカバー

夏場などに半袖ウェアを着る際にアームカバー・レッグカバーをつけることで、露出している部分の日焼けを防ぐことができます。

日焼け防止のために長袖を着てもいいですが、アームカバーやレッグカバーは付け外しが簡単なのがメリットです。冬場は防寒対策に使えます。

冷感機能や速乾性のあるもの、UVカット機能がついているものなど色々あるので、目的によって選んでみてくださいね。

レインウェア

サイクリング中に急に雨などが降ることもあります。夏場でも雨に濡れると身体が冷えてしまう可能性があるので、常にレインウェアを携帯しておくと安心です。冬場は防寒にも使えます小さく折りたためるものを選ぶと携帯しやすいでしょう。

季節ごとの服装選びのポイント

サイクリングの服装は季節によって変わってきます。ここでは、季節ごとの服装選びのポイントについて紹介します。

春・秋

春と秋は過ごしやすい時期ですが、朝夕は冷え込むことが多いので、調節できる服装にすることが大切です。寒い時間帯に備えてウィンドブレーカーなどを持っておくと安心でしょう。先述したアームカバー・レッグカバーやネックウォーマーなどを活用するのもいいですね。

夏場は紫外線や熱中症が心配な季節です。紫外線から目を守るためにもサングラスをつけることをお勧めします。服はなるべく吸汗速乾性やUVカット機能がついているものを選びましょう。汗を吸収してくれるインナーは必ず着るようにしてくださいね。

日焼け予防にアームカバー・レッグカバー熱中症対策にサイクルキャップなどもあるといいでしょう。

寒い冬は防寒が大事です。冬用の服装を選ぶのはもちろんのこと、その他にも防寒対策としてグローブやネックウォーマー、レッグウォーマー、フェイスマスクなどがあるといいですね。

冬場でも汗をかくので、なるべく速乾性のあるインナーを着ることをお勧めします。ただし真冬の場合は、保温性や防風性に優れているインナーを選ぶといいでしょう。

banner-bike3 banner-bike4

まとめ

今回はサイクリングの魅力、サイクリングの基本的な服装やあると便利なアイテム、季節ごとの服装選びのポイントなどについて紹介しました。

サイクリングの基本的なアイテムはトップス、ボトムス、シューズ、ソックス、ヘルメットの5つその他にもあると便利なアイテムはサングラス、サイクルキャップ、グローブ、アームカバー・レッグカバー、レインウェアの6つです。

ロングライドやスピードを出すような本格的なサイクリングであれば、できればサイクルブランドのサイクルウェアがおすすめですが、初心者の方などは、ユニクロなどのカジュアルウェアでも代用可能なことが多いです。

サイクリングは比較的費用をかけずに楽しむことが可能で、目的地に着いた時には達成感を得られ、途中で美しい景色や人との出会いを楽しむこともできる魅力溢れるスポーツです。

季節や目的に応じてふさわしい服装を選び、サイクリングを楽しんでくださいね。

SOCKS RANKING

WEAR & ACCESSORY RANKING

メリノ100%・究極のアンダーウェア

進化したFIT感!FITシリーズ第二世代

進化したFIT感!FITシリーズ第二世代

FITシリーズにフルフィンガーモデル登場

ウルトラライトメリノT ×ドライ デニムパンツ

オン・オフで活躍!RUN TRAIL LIMITシリーズ

花粉症対策に!シームレスフェイスガード


ソックスを見つける

ランニング  →コレクションを見る

会員制ランニングクラブ「TEAM R×L+」

R×L MERINO 新作グリップソックス

R×Lの原点、Type-ZERO&GRP 最新モデル

ドライで軽い、ソックスに「和紙のチカラ」

走りにフィットするハーフタイツ

ご当地デザインで走る!高機能 6ポケットパンツ

WILDDRY & スタイリッシュなデニムパンツ

【足つり防止】筋肉疲労軽減サポーター

バイク(自転車)  →コレクションを見る

進化した素足感覚フラッグシップモデル300R後継

ヒールロックサポート付きバイクソックス

追及された薄さとグリップ力

フットボール(サッカー/フットサル) →コレクションを見る

形状・厚さから自分のモデルを選ぶ

専用セパレートストッキング

トレイルランニング  →コレクションを見る

上田瑠偉モデル 限定カラー

汗冷えしない!暖かい・軽い!メリノTシャツ

ウルトラマラソン  →コレクションを見る

走るために開発されたインナーパンツ

【1cm刻み】究極の素足感覚