意外と知らない?ランニングソックスのサイズ選び

意外と知らない?ランニングソックスのサイズ選び

ランニングソックスのサイズ基準は"素足サイズ"

多くの方は、ランニングシューズを購入する際に店頭などで自分のサイズに合うか試着をしてから購入していると思います。

ソックスはどうでしょう?ランニングソックスのサイズ選びの重要性は意外と知られていません。

皆さんは、自身の足のサイズを知っていますか?

自分の履いているシューズサイズを知っていても素足のサイズを知っている人は多くはないと思います。

では、ソックスのサイズはどうなっているのでしょう。

私達、R×L(アールエル)のソックスは、

S=22~24㎝
M=2426㎝
L=2628㎝

が基準となっています。

あなたの履いているシューズが26.5㎝だとします。
すると、ソックスのサイズは「L(2628cm)」を選んでしまうかと思います。

しかし、広く認知はされていないのですが基本ソックスは素足の寸法に合わせて作られています。Lサイズを選ぶとサイズが大きい可能性があるんです。

理由はシューズを選ぶときの「捨て寸」に関係しています。
「捨て寸」とは、靴を履いたときのつま先と靴の空間の事です。

走る際には足が前後に少なからず動く事や、むくみなどを考慮する事で、この空間(捨て寸)がないと走ったときに足が靴に当たる事があります。

ランニングシューズは個人差もありますが、踵をピタッと合わせた状態で1.0cm~1.5㎝程度の捨て寸があるのが理想的と言われています。

すると26.5㎝のランニングシューズを履いているあなたの足の実寸は25.0~25.5㎝くらいと推測され、適したサイズは「M(2426㎝)」となります。

実は私、過去にこんな経験をした事があります。

あるトップアスリート用のソックスを作る時、足のサイズ28.5㎝と伝えられ当時はラインナップに無かったXLサイズを作りその選手に送りました。

まさに選手別注サイズです。

商品が選手に到着し、いざ試着すると選手から「大きすぎる」と私は連絡を頂いたのです。

よく話してみると、この選手は長距離も走るのでむくみを考慮しシューズの捨て寸を2.0㎝とっており、足の実寸は26.5㎝だったのです。

シューズサイズ=ソックスサイズではない

という事をこんなエピソードからもご理解頂けるのではないでしょうか。

足長だけではない!ソックス選びのポイント

ここまで書いたのは足長(踵からつま先の一番長い場所)の事だけです。

実際には、足の周囲によっても選ぶサイズが変わってきます。

例えば、素足の足長が26㎝でも、周囲が大きい人(足にがっちりボリュームがある人)と、周囲の小さい人(細身の人)ではサイズが変わってきます。

ソックスのような編地は横に伸びると縦は伸びにくくなり、縦に伸びると横には伸びにくくなります。

足長が26㎝の方であれば、周囲が大きい人は、Lサイズを選んだ方がよかったり、周囲が小さい人はMサイズの方が良かったりします。

私達がマラソン大会の会場などで試着をお勧めしているのは、皆さんに自分のソックスサイズを正確に知って頂くためです。

新型コロナウイルスの影響でマラソン大会の中止が続いている昨今、そのような試着ができる場の代わりに、基本全ての商品のサイズ確認をして頂けるような試着サービスを承っております。

【申し込み方法】
ご希望の品番、サイズを「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。
※カラーはお選び頂けません。発送の際に返却方法などを改めてご連絡させて頂きます。

是非、そちらをご利用頂き、自分の足に合ったサイズ選びをして笑顔溢れるランニングライフを送って頂けると嬉しく思います。

また、どうしてもジャストフィットが見つからないという方のために、R×L(アールエル)では、通常ソックスでは2~3cm刻みですが、ランニングソックスとしては初めての「1㎝刻み」9サイズ展開のSUNADAも用意しております。

 

 

 

 

 

 

 

その他、サイズの事で悩んだらお気軽にお問い合わせください。