秋冬シーズンに大活躍!メリノウール グローブのメリットと利用シーン

秋冬シーズンに大活躍!メリノウール グローブのメリットと利用シーン

手を使うことが多い登山やトレイルランニングなどのシーンはもちろん、気温が下がっていく秋冬シーズンには手を温めるだけでなく、保護してくれる手袋(グローブ)は欠かせない存在です。

多くの人が防寒かつ手の保護を考えて、ウール素材のグローブを選択肢に入れる事が多いのではないでしょうか

ただし、ウール素材のグローブは生地が厚い事が多いためにフィット感が乏しく、指を使いにくいデメリットも生じやすいものです。

そんな問題を解決してくれるのが薄地のメリノウールで作られたグローブです。

同じウール素材とはいえ、生地は薄手でフィット感もあり、更に保温性もある優れものです。

この記事ではメリノウールを使ったグローブについて、メリットを余すことなくご説明いたします。

■目次

・メリノウール素材とは

・メリノウール素材のメリット

・メリノウールグローブの活用シーン

・R×Lのメリノウールグローブ 厚みで選ぶ ❝ライト❞と❝ミッド❞

メリノウール素材とは

メリノウール素材とは、ウールの名が冠されていることからも分かるように、ウール素材と同じく羊の身体から取れる毛を素材としているものです。

一般のウール素材と違うところは、主にオーストラリアやニュージーランドで飼育されているメリノ種という品種の羊から取れる毛を素材としているところです。

メリノウールは他のウールと比べると、繊維がとても細くて保温性も高いことにより、羊毛の中では最も高級な一品と評されているのが特徴です。

保湿性が高く、かつ肌触りが良いという特徴からメリノウールはインナーやソックスはもちろん、汚れにも強い(汚れにくい)特徴を生かして、グローブなどのアウトドア製品の素材としても多く使われています。

メリノウール素材のメリット

肌触りが良い

メリノウールには多くのメリットがありますが、代表的なメリットの一つに「肌触りが良い」というメリットがあります。

一般的なウール素材は繊維が太いものが多いため肌に当たるとチクチクした感触があり、肌ざわりがあまり良くありませんでした。

しかし、メリノウール素材は従来のウール素材よりも繊維内のフィラメントがとても細いため肌ざわりも格段に良くなり、チクチクする不快感もかなり少ないのがメリットです。

特に直接手に触れるグローブにおいて肌触りは重要ですが、その問題はほぼないと言ってもよいでしょう。

保温力が高い

次の代表的なメリットは「保温力が高い」ことです。

保温力が高いのはウール素材全てにおけるメリットだと言えますが、特にメリノウールはウールの中でも質が良い繊維であり、更に繊維内のフィラメントが細いため熱が逃げにくい構造(繊維が細いため、布の網目も細かくなり、熱が逃げにくい構造)でもあるため、保温性が一般のウール素材よりも更に高くなっていることがメリットです。

寒い時は暖かく体温を保ってくれるための素材と言っても過言ではありません。

通気性が良い

最後のメリットは「通気性が良い」ことです。

これもウール素材全てにおけるメリットではありますが、内部の熱を保温する保温力だけでなく湿気を適度に逃してくれる効果もあり、逆に外部からの水を弾く効果も高いので吸湿性にも優れている、通気性が良いことがメリットです。

特に手は汗をかきやすいので熱がこもりやすいですが、メリノウールが汗や湿気などを吸い上げて気化させることで冷却効果が起こるので暑くて熱を感じることも少なくなり、汗による不快感も少なくなることが期待できます。また、万が一手袋が濡れても、水分はウール表面のスケール内に入るため濡れを感じにくいのも特徴です。マラソンなどの給水時にグローブが濡れても快適に走れるのはメリノウールグローブのメリットです。


メリノウールグローブの活用シーン

ランニング

メリノウールグローブのメリットを御理解いただいた上で、次はおススメの利用シーンについて解説します。

先ず一つ目のおススメのシーンは「ランニング」です。

メリノウールグローブはスポーツであればランニングに適したグローブだとも言えます。

その理由は肌触りの良さと、手袋の濡れを感じにくい事です。

これまでのウール素材は繊維が太かったため、肌に当たるとチクチクして肌ざわりがあまり良くありませんでした。

特にランニングではボトルを手にする、タイムを測るなど意外と手を使う事が多いですが、メリノウールは従来のウール素材よりも繊維がとても細かいため肌ざわりも良く、モノを掴む、触る動作もスムーズに行え、吸水時の紙コップから水が溢れて手袋が濡れてしまっても濡れを感じにくいのはランナーにとって非常に大きなメリットになります。

トレイルランニング

次のおススメのシーンは「トレイルランニング」です。

次の「登山」にも共通することですが、トレイルでは体を支える、歩くための補助となるスティックを長い時間持つことがあります。

その際に手が疲れない、まめをつくってしまわないようにグローブをつけるのですが、肌触りが良く、保温力と通気性が良いメリノウールグローブはそれに適していると言えます。

また、川や岩肌だけでなく、ぬかるみや小枝や落ち葉の中など様々な場所を歩くため、不意にこけたときに手のダメージ軽減する際の補助道具としても使えます。

登山

次のおススメのシーンは「登山」です。

「トレイル」でも説明しましたが、体を支える、歩くための補助となるスティックを長い時間持ち続けたり、川や岩肌だけでなく、ぬかるみや小枝や落ち葉の中など様々な場所を歩くため、不意にこけたときに手のダメージ軽減する際の補助道具としても使えます。

また、登山は手を使うシーンが意外に多く、様々な場所を歩いて汚れやすい登山では、汚れを防いでくれやすいメリノウール素材のグローブはうってつけだとも言えるのです。

ウォーキング

次のおススメのシーンは「ウォーキング」です。

これは「ランニング」と共通することですが、ウォーキングでもボトルを手にする、腕時計を見るなど意外と手を使う事が多いですが、メリノウールは従来のウール素材よりも繊維がとても細かいため肌ざわりも良く、モノを掴む、触る動作もスムーズに行えます。

また、保温力が高く、通気性も良いので、長時間つけたままでウォーキングを行っても手に不快感を持つことはほとんどないでしょう。

ビジネスシーン・普段使い

最後のおススメのシーンは「ビジネスシーン・普段使い」です。

特にビジネスシーンだとスマートフォンを手にする、場合によっては電話することがあるかもしれませんし、不意に電話がかかってきたがグローブをつけていたので即座に応答できなかった…そんなことも起こり得ます。

しかし、メリノウールグローブの商品にはグローブをつけたままでもスマートフォンを操作できる商品があります。

保温力と通気性を保ち、かつスマートフォンを操作できるメリノウールグローブはビジネスシーンや普段使いに理想的なグローブだと言えます。

R×Lのメリノウールグローブ 厚みで選ぶ ライトとミッド

RxLのメリノウールグローブは厳選されたメリノウールである最高品質メリノウールを使用しています。

左右の手首には時計のフェイスが見えるようにウオッチウィンドウがありますので腕時計を見る度にグローブをめくる手間が無くなります。

また厚みの違う❝ライト❞と❝ミッド❞が用意されており好みや利用シーンに応じてチョイスしていただけます。

❝ライト❞
指先の感覚を重視したい方、より長いシーズンで屋内・屋外で使いたい方

オススメシーン:トレイル、マラソン、バイク(インナーグローブとして)、通勤・通学


❝ミッド❞
真冬で屋外のスポーツや普段使いで使いたい方

オススメシーン:トレイル、マラソン、通勤・通学 従来の厚さ。

R×Lアイテムの中でも人気が高く、予約でいっぱいになってしまう商品です。

メリノウールグローブは秋冬のシーズンはもちろん、様々なシーンに適しているグローブだと言えます。

是非お手に取っていただき、その快適さをあなた自身が実感してみてください。

 

 

グローブ以外もある!R×Lのメリノウールアイテム


メリノウール ニットキャップ(ユニセックス) MWA9001|R×L(アールエル)
真冬の防寒対策にかかせない、メリノウールニット帽。全天候対応メリノウール素材 ウールの中でも最高級のメリノウールは調温、調湿性に優れており、柔らかいのに型崩れしづらいしっかり感があります。
 

-こちらの記事もオススメ-

-こちらの記事もオススメ-